<   2015年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

転勤族ゆえ、2年ぐらいの周期での引っ越しで今までずっと続いていた。
この地では、長くて気づけばもう4年。いつもより長かった。

ちょうど同じマンションで同じ時期に引っ越してきたご家族がすぐ真上の部屋で
引っ越した時に挨拶に行ったときに、少し話をして、少し前に引っ越してきた
転勤族家族とわかり、たまに一緒に平日ランチを楽しんでいた。

そのランチでのおしゃべりのうち、お互い青森の同じエリアに住んだことがあること
元々は札幌の出身で、夫の親戚宅のあるエリアとそう遠くない場所であること
お互い家族に認知症がいることなどなど、いろいろ共通の話題もあったりで、
何より転勤族の悲哀を知っているので、徐々に信頼関係を築けた。

でも、今回引っ越しによって、お別れとなった。

4年間一緒ということは、たとえば、中学・高校や大学で
一緒の時期を過ごすのと同じだなあ・・と感じた。

同じマンションに住んでいるとはいえ、適度の距離感を持っての
おつきあいで、お互いの家の行き来などはなかったけど、
それぐらいの距離感を持った方が良かったと思う。

私自身、いつも一緒という関係は重い。

適度な距離感はあったけど、もうお別れというのは
ちょっと感傷的になった。
年齢もあるのかなあ?

札幌や関東にお互い親戚がいるので、またいつか会える日はあると思うけれど。。。

でも、徳島時代の転勤妻の友人は、もう重症の膠原病で亡くなってしまったので、
いつか会おうねと言っていた約束は果たせなかった。
なので「いつか会える」という保証はない。
今回は私が長生きできればいつか会えるのかな・・・と思う。
友人にも病気のことは、少し話はしていたけれど、なるべくその話題は避けていたし、
私も見た目元気に見えるので、「いつか会おうね」という遠い約束だけしていた。

転勤族なので、いつかは別れが来るのはわかっているし
何度も経験しているけれど、それでもやっぱりお別れはつらい。

春は別れのシーズンで一抹の淋しさを感じる。

[PR]
by zebra_queen | 2015-03-30 13:51
自分の病気に関しては、
1.転移があるので、死ぬまで治らない病気
2.近い将来(数年先)に死に至る
と、病気がわかった頃に、十分理解をしていた。

ここ2,3年は、近い将来が、だんだん延長されつつあるとは感じている。
土壇場で、逆転ホームランは打てないけれど、満塁でデッドボールでの
押し出しで同点して延長戦には持ち込めているイメージ。
かっこ良く延長戦には持ち込めていなくても、泥臭い試合展開にはなってるかな。


私の場合は、病気発覚の前に、死を覚悟しなければならない選択があった。

2007年の夏頃にインドで住むことが決まったのだけれど、出発の10日ほど前に
住む予定の都市で2件の爆弾テロ事件が起こった。

夫の派遣が延期になるかと思ったけれど、夫婦そろって呼び出しを受けたものの
テロに備えた注意事項の確認だけだった。

夫は仕事で行かなければならないけれど、私自身は随行するのをやめるという
選択肢もあった。友人達は、日本に残った方が良いのではと心配してくれた。

でも、随行を決めて、予防接種を1ヶ月半にわたって、10本ぐらい受けたり、
英語の集中レッスンを受けたりと準備もしていたし、日本に残るとなれば、
たった10日間ほどの間に、夫と私の荷物の仕分けをしなければならないので、
それも面倒だし、危険なところへ夫だけ行かせるのもなんだかな・・・・と
結局行くことに決めた。
現地在住の日本人会の方々も、別に問題なく普通に暮らしていますよと言われていたので。

爆弾テロに巻き込まれる危険性もあったので、それなりの覚悟もした。

実際に夫が赴任を終えてから、2008年の11月には、ムンバイで
日本人も巻き込まれる爆弾テロ事件も起こった。
その後、住んでいた都市で、2013年に爆弾テロ事件は起こっている。
(住んでいた都市には、日本人は10名ほどなので、個人が特定されるので
都市名は書けません)

私自身は2008年の5月末に、手術をしたのだけれど、
そのときに宣告されたのは、最悪の場合(別の悪性度の高いガンの場合)
余命は半年と宣告された。

これが2度目の死に対する覚悟だったけれど、意外とあっさりと
受け入れることはできた。

何事も自分に起こる運命には抗うことはできないと思っている。
土壇場になったら、逃げ出したくなるかもしれないけれど、
やっぱりどうあがいたって、自分の運命からは逃れることは不可能だから、
黙って受け入れるしかないのかなと思う。
究極には、人間は誰しもいつかは生涯を終える運命だしね。

[PR]
by zebra_queen | 2015-03-27 15:46
スギ花粉症の治療として、シダトレンという減感作療法の薬が昨年秋(2014年9月)に保険適用となりました。

意外とこの薬、花粉症の方に知られていないです。

というのも、この薬を治療に使うために、医師は講習を受けなければならないので、
どこの病院でも使えるわけではないため。
シダトレン 減感作療法治療薬

ちなみに、ガン患者は、この薬の治療対象外になっていて、
ガン患者の花粉症の方は使えない可能性があります。
経過観察などだと使えると思うのですが。

治療開始時期は、スギ花粉が飛散していない時期のため、
今からだと、早くて5月から治療開始となり、
効果が出てくるのは3年後ぐらいのようです。

また、保険収載された新薬のため、最初の1年は2週間に1度しか
処方できないため、2週間毎に通院する必要があり、
根気のいる治療です。

2年目などに途中でやめると、また最初からの治療になります。

しかし、世間でスギ花粉症の方が非常に多いのに、この薬の話題がTVなどで
紹介されていないのは非常に残念。

3年間、月に2度ほど通院して、毎日薬を使い続けるという根気のいる治療なので、
花粉症の辛い経験の記憶が残っている夏場ぐらいは治療に通えるけれど、
秋ぐらいに面倒になる方が多いのではないか。。。とも思います。

でも、本当に花粉症で辛い思いをしている方は、この治療に挑戦してみたほうが
良いと思います。
8割ぐらいうの方に効果があるとのことです。

でも、3年治療して、効果の出ない2割グループの可能性もありえるし、
3年先に治療効果がわかるというのは、ちょっと気が遠くなるかな?

[PR]
by zebra_queen | 2015-03-26 21:49
週末は、たまに遠出もしているのだけれど、
平日のモチベーションが低下中。

各地で桜の開花の便りもあるものの、我が地方昨日・一昨日は雪・あられがちらつきました。
気温は5度以上になることもあるので、雪はすぐに溶けて積もることはないですが、
それでも、時折吹雪いていたりするので、テンションダダ下がり。

腰・手首も微妙な状態。
たまに手足のしびれもあるし。。。

花粉症も、スギ花粉にも反応が出てきた。
今まではヒノキ専門で、4月に入ってからの発症がほとんどだったのに、
3月初旬から、目のかゆみや少し鼻水も。

最近、NETに関しても、もうどうにでもなれ・・・という状況。
やっぱりサンドスタチン程度の治療でも、年間100万円近く
医療費かかるので、5年以上闘病してるといろいろ大変。
今の世の中、あんまり長生きしても社会の迷惑みたいな感じだし。。。

電気製品なんか見てて思うけれど、やっぱり長期使用してると
壊れてくるので、人間も長生きしてれば、どこか壊れてくるのは
しょうがない。

電気製品なら、買い換えしなきゃ、部品もない状況だけど、
人間様は、修理しながら、壊れた状態で使い続けるしかないものね。

壊れた状態で我慢しながら、生きていくのが良いのか悪いのかと
考えることもある。
やっぱり昔は人生50年と言われていた時代もあるので、
人間は50歳くらいで生涯を終えるのが自然なことなのかも
しれないと考えたりもする。

昔、かぐや姫の物語で、おじいさん・おばあさんが
不老不死の薬をかぐや姫に貰うのだけれど、
そんなの貰っても、かぐや姫のいない人生は
つまらないと、その薬は山で燃やしたと
子供の頃読んだ。
その頃は、なんでそんな貴重な薬を・・と
思ったけれど、今の年齢になってみると
それが良くわかったりする。

楽しみのない人生なら、長生きしても仕方ない。

うちは、祖父母4人とも、大病なく90代まで長生きしていて、
両親も、今70代ながら、盲腸やヘルニアという軽症での
入院しか経験がない。今も、たいした病気にはかかっていない。
ずっと胃の調子が悪いと言って、胃弱なイメージだった父が
一番元気で、今はどこも悪くなく、至って健康。

なんで私だけ突然変異なのか、不思議だ。
こんな不調な状態をいつまで我慢すれば良いのだろう?
両親みたいに元気であれば、長生きすれば良いと思うけれど、
不調を3つも4つも抱えた状態で、診察券も引っ越した影響もあるけど、
トランプの枚数ぐらい家にある。
引っ越してまた使うこともあり、再発行にお金がかかることもあるので、
診察券は大事にとってあるんだけれど。。。

[PR]
by zebra_queen | 2015-03-25 15:24
大学病院の消化器外科から、院内の整形外科へ紹介状を書いて貰い、
整形外科を受診してきました。

リウマチに関しては、CRPの値が高く、別の血液検査の数値は後日しかわからないので、
まだなんとも言えないようです。

CRPは炎症反応があるときに高くなる。

CRPが高値だと、リウマチが疑われたり、心筋梗塞の可能性もあるらしい。
とはいえ、ガン患者なので、炎症がリウマチの炎症か、NETの腫瘍によるものかはわからない。

以前のブログを見返してみると、2011年の2月に手首の関節炎を起こしていたことが判明
手首の関節炎

今回も、骨のトゲの部分を指摘され、関節炎の可能性もあるようです。
ただ、リウマチ性なのか、そうじゃないのかはまだ不明。
やっぱり冬場に悪くなるみたいです。

ブログを見返してみると、
2011年の3月は震災の頃で、当時は埼玉県に住んでいましたが、
地震の直後に8時間にわたる停電があり、インターネットはできず。
そのため、一切ブログに記載はなかったです。
そして、その頃は、引越直前だったのもあり、地震の混乱などで、
食材も引越前で備蓄していなかったので、とにかく大変で、ブログもできてませんでしたね。
というか、ブログを更新する気分になれませんでした。

停電でテレビも見れないので、地震で何が起こっているのか全くわからなかった。
大きな津波で大変だったことも、かなり後になって知った。
津波の映像はその後は被災者に配慮して、ほとんど放送されなかったので、
映像では全く見ていなくて、全く実感がなかったです。
ラジオは聞いていたけれど、何度も余震が起こっているので、余震の情報ばかり。

暖房もマンションが灯油NGで、電気がないと暖房も使えず。
日没になると、街も街灯がつかないので真っ暗だし、
夫も停電なら都内の職場にいた方が良いとのことで帰宅せず。

一人で、暗くて寒い家の中で、使い捨てカイロを背中にはり、ダウンを着て
寒さに耐えてました。
水もマンションのためポンプが動かず出なくて、トイレも流せないので
食事もあきらめました。
真っ暗で水道も出なくて、ガスしか使えないので、ミネラルウォーターをわかして
カップ麺ぐらいしか作れないし。
野菜やお皿などが洗えないので。
その頃は、まだ食事をしたら、すぐに便が出てくる状況だったので、
暗くて水が流れないトイレを使う気になれなかったし。

1995年の阪神淡路大震災を経験し、今後地震があったら一人は心細いと
その年に結婚することにしたのに、結局次の大地震ではひとりぼっちだったとは。。。

まあ、でもインド生活で、しょっちゅう停電はしていたし、
辛い闘病生活を経験していたので、人間的にはかなり強くなったので、
地震でひとりぼっち状態でも、なんてことなかったけれど。。。

関節の痛みから、震災の頃のことを思い出していました。

腰の痛みに関しては、以前と同様、整形外科的には問題ないとのことでした。
ということは、やっぱり内臓からくる腰痛なんだな。。。。

でも、今回の整形外科の先生は、非常に良かったです。
今まで、腰痛・手首の関節炎で整形外科にかかったけれど、
今回は血液検査などもやってくれて、丁寧な診察でした。

今まで整形外科は、引越の先々で数軒の整形外科を受診はしていたけれど、
開業医がほとんどで、どこも混んでいて、レントゲン撮って終わりとか
リウマチの血液検査も1度だけしたことはあったけれど、15年も前でした。
そのときはリウマチではないとの診断でした。

そして、次の診察はその先生の診察日ではないのに、消化器外科の診察のときに、
整形の処置室で時間をとって診ていただけることになりました。
通常だと、またその先生の担当日に通院になるところですが。。。

リウマチに関しては、待合いでリウマチ患者のおばさま方の会話が
非常に参考になりました。
やはり私が調べていた専門病院がその地域でリウマチに詳しいらしいです。
そのおばさま方は、もう長くリウマチに罹患されていて、何度も手術されてるようです。
で、昔のリウマチの先生は、とてもフレンドリーだったようです。
そのおばさま方は、専門病院にも行かれてるようだけれど、ベテラン先生が次々
退職されて、大学病院へ紹介されたようです。

最近は良い薬がでたので、初期状態で薬の治療でかなり症状が軽減されるとか。

私は会話には加わったわけではなく、聞くともなしに聞いた会話でしたが、
とても参考になりました。

中学時代、一緒に通学していた友人がリウマチでした。
地元病院を受診していて、検査技師の軍人(はやと)医師の
話などは良く聞きました。
その頃は症状も軽症だったようですが、成人式の頃は車椅子使ってました。

そういえば、最近は医師と患者の関係が疎遠になり、
信頼関係がなかな築けなくなってるのかも。
私の祖母なども主治医の連絡先など知っていたので、
30年以上前に、妹が急病になったときも、医師の自宅に電話して、
お休みのところ病院まで出てきていただいて診て貰ったことなどもありました。
今は、医師の自宅電話番号など、教えて貰えることなどないですよね。






[PR]
by zebra_queen | 2015-03-13 23:58
先月中旬に、ひどい腰の痛みがあったのだけれど、
今日もまた再発。そろそろやばい状況なのかな・・・と感じた。

これは整形外科的な痛みではなく、腸が影響する痛み。
10年前、小腸NETと診断された手術(7年前)前にも同じような痛みがあった。

10年前は、なんだかわからず整形外科へ行って、
レントゲンの結果、整形外科的な痛みではないとのこと。
NETと確定診断される前で、症状も貧血と、自覚はあったけれど
関係する症状だとは思わなかったカルチノイド症候群だけだったので
なんかおかしいと思い内科は受診していたけれど、見つけて貰うことはできなかった。

便秘が原因していて、腰が痛いのだとはわかっていたのだけれど、
これまでさんざん訴えても、貧血の原因は誤診されつづけていて
「体質」と片付けられていたので、あきらめの気持ちもあった。
義弟がクローン病で、重症なときは、1,2ヶ月ほど絶食生活なのを知っていたので、
腸の難病がみつかることへの抵抗もあった。

普通に食事できていたし、下痢や熱がでるわけでもなく、
症状が軽すぎたので、このままで良いかも・・・と思っていた。

10年前は、背骨がS字に湾曲してるから、腰が痛くなって当然と
いい加減そうな整形外科医は言っていたのだけれどそれまで
腰が痛くなったことはなかったので。

腰はじっとしていたら、なんともなくて、腰を曲げた状態で、
腕を動かしたりすると、非常に痛む。
腰を曲げただけでは痛まないし、
背中をまっすぐにしていて、移動しても痛みはないので、
腸が神経を圧迫すると痛くなるような感じ。

やっぱり腸になんらかの異変があって、神経を圧迫してるのかと思う。

1年前ぐらいから、微妙に悪くなってる感じはしていたのだけれど、
いよいよ、本格的に悪くなってきてしまった。

次の診察で関節の腫れも含め、いろいろ考える時期に来ている。

[PR]
by zebra_queen | 2015-03-09 23:00
1年ぐらい前から、親指の付け根の辺りが痛かった。
親指だけでなく、手首全体も痛くて、
PCは手首を机に置いて人差し指・中指を使い、親指はほとんど使わずに済むし、
手のひらが下を向いてるので、長時間でなければ、問題はないけれど、
携帯メールはガラケーのため、親指を使うし、手のひらを上に向けるので、
半年前から痛くて打てなくなってしまった。

数年前に手首を全く動かせないほどのひどい腱鞘炎になったので、
また腱鞘炎かと思っていた。

でも、今年に入ってから、他の関節も痛くなってきたのと、
親指の付け根にある2つの関節がだんだん腫れてきた。

しびれもリウマチのせい?

病院もリウマチ専門の大きな病院があることはわかったのだけれど、微妙に遠く、
地方都市は交通が不便なので、とりあえずは大学病院で相談なのかなあ。。。

初期は診断が難しく、血液検査でも陽性にならないこともあるそう。。。
ここのところ、動悸がしたり、だるかったりしたのも、リウマチが原因だったのかも。。。と
思い当たる節もいろいろ。。。

リウマチ・膠原病は、友人がかかっていて、亡くなったり車椅子生活になっているので、
また厄介な病気を抱え込むのかと思うと、気が重い。

[PR]
by zebra_queen | 2015-03-08 23:02
抗がん剤治療をしたあと、3年ほどは冬場のひどい手足のしびれに悩まされ、
ここ2年ほどは、意識するほどのしびれはなかったと思うのだけれど、
なぜか昨日から、手足のしびれがひどくなった。

一応、片側だけでなく、両方にしびれがでているので、
脳疾患の可能性はなさそうなのだけれど、
これまで12月に発症し、3月には治まるというパターンだったのに、
暖かくなりかけの3月に入ってから発症したのがなんとも不可解。

手足だけでなく、口の周りも微妙にジーンとしているので、
抗がん剤治療後に起こったしびれに似ている。

先日は、お腹の張りがひどくて、起き上がれないほど腰が痛かった。
CT検査の結果を見てだけれど、どうも腹膜播種がひどくなっている気がしてならない。
1年前ぐらいから、だんだん腹部に軽い痛みもでてきたので、
考える時期に来ていると思っている。

[PR]
by zebra_queen | 2015-03-03 14:28

がん発症後の生存率、15年間で50代の改善が顕著に

下記リンク
http://www.mededge.jp/a/canc/9547

これによると、ここ15年におけるガン発症後の生存率が50代で
改善が顕著になっているとのこと。

ただ、記事では、肺がんや膵臓ガンの改善幅が小さいので、
NETは膵臓・肺ともに多いので、厳しいのかも。。。という印象。
消化管のNETだと、サンドスタチンなども効きやすいようなので、
消化管は薬が効きやすい臓器なのかもしれません。

NETという病気は、いろいろな臓器に発生するので、
ひとことで、語れない病気だと思います。

実際私も難しいと言われながらも、もうすぐ7年経過なので、
改善組にはいるのかも?

とにかく、ガンになっても希望を捨てず、がんばることが重要かもしれません。
がんばろうぜ!

[PR]
by zebra_queen | 2015-03-02 16:08