<   2014年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

2014年は体調不良のまま終わりそうです。
12月に入り、むかつきが多くなりましたが、
今日は買い物途中に、むかつきがピークに達して、胃の中が踊ってる感じで、
嘔吐寸前の感じで、必要最低限のものだけでレジへ向かいました。

途中の野菜のところにあったビニール袋をすぐに使えるように持ちながら。
車の助手席では、極限状態で、口にビニール当てながら耐えて。

家についてトイレに直行しましたが、えづくけど吐けず。。。

今まで15年に1度くらいの割で、年末ギリギリで2度ほど
感染性胃腸炎になったのですが、下痢はないのでそうでもなさそうで。

ガスは出るので、腸閉塞でもなく・・・
しばらく横になっていたら落ち着きましたが。。。

ちょっと腸がつまりかけているのかもしれません。

体調も最悪のままの年明けですが、
天気も雪が降り始め積もり始めました。
風も強くて暴風になってきて
暴風雪警報でています。

やはり、何か悪化してる感じはするけれど、年明けの定期通院・定期検査で
何か悪いところがみつかるかもしれません。

来年は良い年であってほしいのですが。。
お正月から、こちらは暴風雪になりそうです。。。(T-T)

[PR]
by zebra_queen | 2014-12-30 23:58
2011年から治験が始まったストレプトゾシンも、日本では2014年11月末に
ザノサーという名前となって薬価収載となり
2015年からは順次各病院で使えそうですね。
すでに治療を開始しているところもあるのかも?

この薬は欧米では20年ほど前から使われていた薬。

ちなみに点滴による治療薬で、
2通りの使い方が可能で、
(1)5日間毎日点滴を、6週毎に1サイクルで行う治療
(2)1週間毎に1日のい点滴する治療
のようです。

おそらく前者は入院を前提に考えられた治療サイクルで、
後者は通院を前提に考えられた治療サイクルではないかと思う。

今は制吐剤も効果が高いので、抗がん剤の点滴治療も入院ではなく
通院治療がスタンダードになってきており、どのような治療サイクルになるかは
病院によって異なるのか、患者の生活スタイルによって選べるのかはわかりません。

サンドスタチンの導入治療の皮下注の注射も、私は毎日通院していたけれど、
入院して注射するところもあるようで、本当に病院によって様々ですね。
サンドスタチン筋注のLARは月に1度なので、通院で行いますが。

どの治療が有効かは、患者によってそれぞれだし、
医師の経験によって、どの治療を選ぶかになるのでしょうけれど、
選択肢が増えることは患者にとっては喜ばしいことですね。

[PR]
by zebra_queen | 2014-12-30 13:33
前にエンディングについて考えたのは5年前。

それからいろいろなことが変わっている。
4年前から、体調も安定はしてきたので、エンディングについては、
あまり考えることもなくなったけれど、またここにきて体調が悪くなり、
新たに考え直すタイミングとなった。

前は大阪の大学病院へ通っていたので、亡くなるなら大阪かと思っていたので、
お葬式やお墓も大阪で考えていた。
家族だけでの家族葬についてと永代供養をしてくれる場所は考えていた。

今は自宅付近の大学病院だけど、お葬式などのことは考えたことなかった。
とはいえ、近くで簡単に家族葬で良いと思う。
この先引っ越すこともありえるけれど、どこの病院であれ、
病院の近くで簡単に数名の家族のみで済ませて貰えれば良い。
でも、納骨はどうする???

夫の方のお寺は東京だけど、そこは気が進まない。
義父が亡くなって、永代供養可能なお寺を探したのは私だけど、
自分がそこで。。という考えは全くなかった。
その頃は、自分の病気は発覚していなかった。
夫が先にそこに入っていれば一緒にとは思っただろうけれど、
先に一人で。。。は想定外だった。

今まで両手で数えるほどしか会ったことのない、夫方の親戚に
お参りして貰うのもおかしな感じ。
葬祭関係に疎い夫の親族が頻繁にお参りしてくれるとは考えづらい。
やはりそこでは、どうもしっくりしない。

わがままだけど、できれば京都の東本願寺にお願いしたいと思う。
総本山というこだわりというよりも京都駅に近くて便利だから。。。
夫もこの先どこに住むかわからないけれど、
なにかのついでにお参りしてもらえればそれで十分だし。
夫の祖父も北海道だけど、東本願寺に分骨しているそうな。
夫の従妹が関西に行ったついでにお参りしたそうで、そんな感じで
お参りして貰えればそれで良いので。年忌法要は望んでいない。
収骨と納骨で違うらしいけれど、納骨でお願いしたい。

5年経って、私の両親もそれだけ年をとったので、両親がお参りする機会も
おそらく少ないだろうし。
できるなら、両親を見送るまではがんばりたい。

私の実家の菩提寺は不便な場所にあるし、宗派も違うし。
いずれにせよ、今までおつきあいのなかったお寺にお願いするとなると
小さなお寺よりも大きな東本願寺の方が良いのかなと思ったり。

できれば、インドでも、少しだけ散骨して貰えればと思うけれど、
こちらは難しいかな。

5年前は、エンディングを再考することになるとは思っていなかったけれど、
5年経つといろいろ状況も変わるし、自分の考えも変わる。

新年を迎えたら、また新たにエンディングノートを作成しようと思う。




[PR]
by zebra_queen | 2014-12-28 22:28
以前ある専門医から、「ガンで亡くなる方が、いろいろな準備ができるので、ガンで亡くなる方が良いと思う」と言われたことがある。

果たしてそうだろうか?

人の価値観はそれぞれ違う。
たとえば、好きな食べ物を最初に食べる人と、最後まで残しておく人。
それぞれに言い分がある。
ちなみに私は最初に食べる。なんでもさっさと済ませてしまいたいタイプ。
特に好きなことは、待たずに速効だと思う。

私自身の考えは、
ガンによって精神的にも身体的にも長く苦しまなくてはならない。
それに比べると、心疾患は苦しむ時間は一瞬。
だったら、心疾患で亡くなる方が楽じゃないかと思う。

医師も、ガンの苦しみを味わったことがなく、傍観してるだけなので、
わからないんだよ。。。と思った。
私自身は、抗がん剤によって、半年ほどまともに食事ができなかった。
食べられない辛さも味わった。
脱水症状で倒れたこともあったし、その後やはり1年ほどはふらふらで
良く転んだ。その頃は精神的にもボロボロだった。
その頃は、「もういいよ」とあきらめの気持ちだった。


夫の叔父は、ガンで亡くなったけど、80代でもあり、
抗がん剤治療もやらなかった。何度か救急車のお世話にはなったけれど、
確かに亡くなるまでの準備は怠りなくやっていた。
それぐらいの年齢になれば、達観もできるかと思う。
冷静に準備をできる方もいらっしゃるとは思う。

病気により、長期の闘病だと、家族に迷惑もかける。
遺された家族は、突然だと気持ちの整理はつかないかもしれない。
でも、心の準備が出来ていたとしても、家族を失った悲しみは
変わらないんじゃないかと思う。

そもそも、どちらが良いかと比べるべきものじゃないとも思う。
人の考えはそれぞれ違うので、それぞれに言い分はあるとは思うけれど、
それが万人にあてはまる訳じゃないと思う。

まあ私自身も、周りが困らないように意志は明確にしておくけれど
それができたことが良かったかどうかはよくわからない。

[PR]
by zebra_queen | 2014-12-28 14:28
どうにもこうにも動悸が治まらないのと、朝から頭痛もあり、循環器内科受診。
妹のお舅さんは、動悸で狭心症がみつかったので。

結局、安静時の心電図では異常なしのため、
年明けに24時間の心電図チェックすることに。

昨日、循環器のクリニックに行ってみたら、なんと臨時休診。
昨日であれば、年内に24時間心電図がギリギリ可能であったのに。

家族性高脂血症で、伯父が心筋梗塞の発作を3回起こして
3度目の発作で頭を打って亡くなっているのと
祖母は腹部動脈瘤破裂で吐血したこともあるので、
循環器系は要注意の家系。
高脂血症は、5年前から消化器外科でも血液検査で経過を診て貰っていて、
薬も貰っている。薬がなければ、おそろしい数字なので。
心エコーも5年前には撮って貰って異常はなかったけれど、
5年も経っていれば、どうなっているかはわからない。

血圧は最高血圧90ぐらいあれば、要治療ではなく、経過観察らしい。
60ぐらいになれば、要治療とのこと。

マンションの1階にAEDは設置されていて、使い方も一通りは聞いたけれど、
一人のときに発作が起こったらどうしようもないなと思う。
これも運命。


[PR]
by zebra_queen | 2014-12-26 18:20
低血圧が原因なのか、立ちくらみ・動悸などが起こるようになりました。
たまに微熱がでていることもあり。。。
排便で血圧も相当変化するみたいで、たちあがるときに
ふらっとしたり、その後動悸が激しかったりです。
排便後のふらつきは昨年ぐらいから起こってました。
午前中がとてもしんどくて寝ていることが多く、
午後からの活動がほとんどです。

昨年ぐらいから、たまに動悸は起こっていましたが、
こんなに毎日動悸が起こると辛いです。
10月の人間ドックでの心電図では異常なし。
とはいえ、一時的な心電図なので、たとえば1日ぐらい
心電図の波形を見てみないと、正確な異常は判断できない。
もっと詳しく調べるとなると心エコーなども必要。

気圧の関係か、午後からでも体調の良いときと悪いときが。

そもそも、ずっと血圧は110ぐらいをキープしていたのに
100を切るようになったのは、何か原因がありそうです。
重度の貧血のときと同じような症状ですが、
一番最初に疑ったヘモグロビン値は13ぐらいと安定しています。
ひどいときは、ヘモグロビン値は半分以下の5.5ぐらいでした。
貧血は小腸の腫瘍が原因で起こっていました。
なので、低血圧も元々の体質というより、何か原因があって
起こっている気がします。

昨日はクリスマスイブでしたが、それらしいことは何もできずでした。
6年前の抗がん剤治療後のクリスマスイブも、ほとんど何も食べられずだったので、
その頃に戻ったみたいです。

体調悪くても、最低限の家事はしていますが、大掃除などはほとんどパスです。



[PR]
by zebra_queen | 2014-12-25 12:48 | 医療
来年2015年1月から高額療養制度が変わります。

これまでは月収によって3グループに分かれていたのが
5グループに分類され、若干の変更があるようです。

高額療養制度 70歳未満の場合の変更内容

限度額適用認定書を窓口で出せば、分類に応じた適応額の
支払いとなります。

限度額適用認定書も今のものは2015年からは使えなくなるので
また申請しなおさなくてはなりません。

私は申請しなくては・・・と思っていたら、認定書が届きました。
もう5年近く毎年申請しているので、制度変更のお知らせと共に
認定書が必要だとの判断のようです。

[PR]
by zebra_queen | 2014-12-24 23:14 | 医療
ここのところ体調は最悪なのですが、それでも動ける間に動いておかないと後悔すると
誕生日もあって、近場の雪見露天に行ってきました。
c0333962_21022760.jpg




本当は、近場ではなく、もっと雪深いところの雪見露天に行きたかったのですが、
ここのところ寒波襲来も多く、先日は夫が仕事で高速道路上で立ち往生もしたので、
遠方の雪深いところへ行くのはリスクも高いですし。


来年は誕生日はもしかしたら迎えられないかもしれないと最近思うことが多々。

めまいや吐き気などは、またちょっと別の気になることもあるからです。

来年早々にいろいろ検査の予定です。




[PR]
by zebra_queen | 2014-12-22 21:09
先月末から風邪をひいてる夫。

一昨日、口元を見たら、小さなでき物が出来ていて「それ、ヘルペスちゃうん?」と言うと
「3日ぐらい前から、ヒゲをそるときに気になっていた」という。

19日の金曜日に、紫外線治療のため、皮膚科に行ったのに
なんで、主治医に相談しなかったのか?
保険適応で薬処方して貰う方が、安くつくし、内服も処方も可能なので、
それが一番良いのに。。。

私自身がアトピー性皮膚炎なので、ヘルペスになると、悪化するから、
10年前に夫と同じ皮膚科に行っていたときに「奥さんにうつらないように
注意して下さい」と言われたのに。

ヘルペスと知らなかったから、外食したときの、コップを夫が間違えて使って
そのあとそのコップでお水を飲んだので、ヘルペスがうつる可能性があるじゃないか。。。

しょうがないので、昨夜旅行の帰りがけに薬剤師常駐のドラッグストアに行って、ヘルペスの薬を購入。
これは第一類医薬品で、しかも再発治療薬のため、薬剤師もすんなり売ってくれず、
いろいろチェックシートとか見せられて、面倒。

全部理解して購入しているので、そんなチェックは不要なのだけれど、
薬剤師さんも仕事なので毎回すんなりとは買えない。


外出先で夫にヘルペスになったと言われたら、家でヘルペス治療薬のセルフチェックシートを
プリントアウトして薬局にも行けなかった。

一応ヘルペスの薬は、大正製薬のヘルペシアや
佐藤製薬のアラセナ グラクソ・スミスクラインのアクチピアなどがあるけれど、
すべて事前にチェックシート記入してプリントアウトをして薬局へ行くことが
推奨されています。

7年ぐらい前に口唇ヘルペスの再発治療薬が市販可能になりましたが、
それまでは病院でしか処方されてなかったです。
まあ、薬剤師さんがいる薬局でしか購入できなかったりと面倒とはいえ、
毎回病院に行く必要がなくなったので、便利は便利かな。

[PR]
by zebra_queen | 2014-12-22 12:49 | 医療
12月初旬から大雪警報出まくりの我が地方。

c0333962_14261615.jpg
まあ、大雪警報はそんな驚くことではないのだけれど、問題は12月初旬という早い段階から
寒波襲来が頻発していること。
また明後日くらいに寒波くるらしいし。

通常はクリスマスくらいに1つめの寒波が来て
1月10日辺りから、本格的に降り出して、12月初旬は、ぼちぼちだった気がする。

昨冬は、雪が例年より少なかった気がするが、降った場所が
通常あまり雪が積もらない場所だったため除雪整わず
関東からの高速が止まってしまい、新聞が2日来なかったり、
食料品が品薄状態だった。

一晩で70センチ積もるような地方に住んだこともあるので、
それに比べると、マシではあるけれど、この時期湿雪が多いのが不便かな。
すぐに溶けてすぐにびしゃびしゃになるので。
特に、服にかかると乾雪だと払うだけでよいけど、湿雪はすぐに濡れるので。

めまいは再発はないけれど、やはり目の動きがおかしくて、
パソコンでの閲覧が長くできない。
書くのは出来るけど、人の文章(長文)はあまり読めない。
なので、書きっぱなし状態で失礼。

[PR]
by zebra_queen | 2014-12-16 14:35