カテゴリ:つれづれ( 11 )

7年前の4月1日に日本に帰ってきて、5月末に手術をして、その時点で
良性と言われていた腫瘍が腹膜に散らばっていて、悪性腫瘍であることがわかり
そのままずっと日本生活。

日本には着替え程度しか持ってきていなかった。
もちろん腕時計はして帰っていたのだけれど、そのバンドが切れてしまった。
その時計ももう8年ほど使っていて、バンド部分は汗などにより汚れていて
修理というより買い換えても良いものだった。
しかし、金属のバンド部分が切れるかなあ。。。なんか縁起悪いなあ・・・と思いつつ。

当時は一時帰国のつもりだったので、住民票もなく、携帯電話が買えなかった。
日本の免許証は有効期限内だったけれど、住所が以前のままで、当時身を寄せていた実家とは
住所が違うし、免許証に記載されている住所に住んでいる訳ではなかったので。
そのため、通院などの外出時の時間確認は腕時計が必要だった。
その後、体調が安定してから、戸籍抄本を取りに行き、パスポートを見せて
住民登録も行った。
帰国日からだいぶだっているので、説明が大変でした。

しかし、余命半年と言われ、NETと判明しても余命は2年ほどと言われていたので、
高価な時計を買うわけにはいかなかった。
そのときに買ったのが写真の下の赤いバンドの時計。
割引があって9千円ほどのものだったかな・・・と思う。
電池交換不要のソーラータイプだった。

その時計もバンド部分が傷んできていたので、そろそろ買い換え時かな・・・と
去年ぐらいから思っていたら、バンドを通す輪っかの部分が切れてしまった。
バンド部分だけ交換という方法もあるのだけれど、
よく見ると、フレームにちりばめられた石もいくつか取れていた(^_^;)
さすがに使いづらいので、インターネットで茶色いバンドの時計を購入。
これも、それほど高価な時計ではなく1万円ほどのソーラー電池タイプ。
ソーラータイプだと、だいたい1万円ぐらいが相場のようです。
電池式だと3000円ぐらいの時計もあるけれど。。。
今回後ろに名前を入れて貰った。


c0333962_18512118.jpg

元々、そんなに高級ブランド品を買うタイプでもなかったけれど、
この病気がわかってからは、いつまで使えるかわからないので、高価な品は極力買わなくなった。
時計も、数万円以上のおしゃれなものもあるけれど、やっぱりあと何年使えるかわからないと考えると
やっぱり買えないよね。
まあ、1万円程度でもそれなりの時計だし。

しかし、赤いバンドの時計、こんなに長く使うとは買ったときには思わなかったな。。。
最近は時計の電池交換してくれるお店がどこにあるのか転勤族のため良くわからないので、
ソーラータイプの時計の方が便利だし。

この新しい時計は果たしていつまで使うことになるのか・・・

[PR]
by zebra_queen | 2015-04-13 19:14 | つれづれ
先週末は、突然の大雪で往生した。

一晩で30センチの積雪で、朝起きたらビックリ。。。

まず、靴は雪道対応の滑り止めが付いた防水対応のブーツに替えなければならない。
普通の靴では、すぐに中がびしょびしょになってしまう。

車も完全に雪で埋もれてしまい、出かけるにも30分ほどかけて、雪下ろし&雪かきが必要。
タイヤは先月の七五三の前に冬タイヤに交換は済ませていた。

雪も、今回のは湿雪なので、重さも重いし、雪を踏むとびしょびしょになる。
ちなみに乾雪の場合は、さらさらしていて、重さも軽くて、踏んでも固まるだけ。

乾雪の場合の方が、雪かきも楽だし、歩くのも歩きやすいかと思う。
今回はまだ雪に慣れていないし、湿雪のためバランスが取りづらく疲れた。
c0333962_16082627.jpg
雪の中、白鳥を見に行った。日中の最高気温は1度。
すでに先月ぐらいから多く飛来してきていて、真夜中にごくごくたまに鳴き声が聞こえ、
マンションの上空を見ると、暗闇に白い鳥の一団が飛んでいるのが見えた。
冬鳥はたくさん飛来しているようで、先月あたり車にべっとりと落とし物をよくされた。

今年も大雪になりそうで、引きこもってしまいそう。。
雪も白い妖精みたいに言われるけれど、雪国に住んでいると白い悪魔と思うこともしばしば。
雪景色はきれいだけれど、そこで暮らすとなると、雪かきとか大変。
まだマンションの場合は、車の雪下ろしと車周辺程度だけど、一軒家の方は、本当に大変そう。

[PR]
by zebra_queen | 2014-12-08 16:13 | つれづれ
c0333962_15272381.jpg
夫の円形脱毛症がどうにも治らないので、
大阪の石切神社で通信祈祷を頼んだ。

ほんと便利な世の中になったもので、インターネットで受付完了。
レターパックでお札やお守り(なでまもり)、神饌(おさがり)などが送られて来た。
後日、ご祈祷料を振り込み。

ご祈祷は1週間されるとのこと。

思えば、私自身も病気発覚して術直後に家族が「最悪余命半年」と言われて
両親が翌日、こちらの神社へお百度踏みに行って、今があるのかも。

そのときは、私は悪性だとは知らされておらず、術後に両親がお百度踏みに行ったと聞いて
「なんで術後に?」と不可解だった。でも、相当悪かったのだと、理解した。

あのときのことを思い出すと、夫はその3日後に「最悪余命半年」と言い残して、海外赴任先へ戻っていった。
夫とはもうそれっきり会えないかもしれないな・・・と覚悟もした。
残された私は痛くて動けない病室で泣くこともできなかった。
地元の病院のため、同室の向かいのベッドがかつてのご近所さんで、
妹の同級生の「てっちゃん」のお母様だったので。

そういえば、ここの神社は、関東で初めて会った同じ小腸原発カルチノイドの女性も
大阪出身で、こちらの神社に妹さんがご祈祷に行ったとのこと。
「でんぼ(大阪で「おでき」の意味)の神様」として有名なので、
ガンも「でんぼの一種」と言われているし。
他の患者さんもこちらの神社へ行ったことがあると聞いた。

まあ、今回は夫は円形脱毛症だけどね。
そういえば、うちの母は、何か家族が困った病気になると
ここへお参りしていた。
そのときは、内心呆れていたのだけど・・・

困ったときの神頼みとは良く言ったもので、
やっぱり困ったら、最後は神頼みなのかな。。。

夫の円形脱毛症、なんとか治って欲しいな。
さすがにもう3ヶ月治療して、治る形跡がないので、
最後は神頼みしか方法がなくなった。



[PR]
by zebra_queen | 2014-10-26 15:39 | つれづれ
responsibilityは、英和辞典で調べても、良く意味が把握できなかった言葉。
英会話学校で出てきて、使い方など理解出来た言葉で、
和訳はしづらい言葉かもしれない。
辞書では責任を負うと書いてあるけれど、それだけではなく
「あなたの仕事での役割は何ですか?」みたいな。
Dutyとの使い分けのニュアンスも今ひとつわかっていないけど。


インドのヨガでは、自分がresponsibilityがあるものとないものを探すというのが
初日の課題だった。
そして翌日、その課題発表をして、他の人のresponsibilityを聞いた。
けど、ヒンディー語を話す人がいたり、他の現地語を話す人がいたりで、
一応、英語での説明もあったけど、あまり他の人のresponsibilityは覚えていない。(苦笑)

ちなみにインドのヨガは、哲学的というか、ヨガは生き方であったりする。
日本人は議論が苦手だし、時間もないので、日本ではそういうのはほとんど行われず
アーサナ(いろいろなポーズ)だけを行うスポーツみたいになっているけれど。

先日テレビを見ていて、「がん哲学」とかいう言葉がでてきて、
がん患者でも自身の「存在意義」を見出そうというようなことだった。

がんにより、仕事が制限されても、存在意義を見出そうというような内容だった。

考えてみると「存在意義」とresponsibilityは、自分の中で似ている。
自分に責任を負うべき役割があって、そこに存在意義がある。

改めて考えてみると、今現在において私自身の存在意義は全く見出せない。

とりあえず、自分の両親を看取らなければならないな・・・と
思っていて、それだけが自分の存在意義かもしれない。
それが終わってしまえば、私の存在意義もなくなる。

そのためあまり両親には長生きしたもらいたいとは思っていなくて
おそらく両親も長生きは望んでいない。申し訳ないけど、それが現実。

そして、今、私だけでなく、夫自身も存在意義を見いだせないでいる。
職場から、退職勧奨がでる年齢となり、今年度一杯で退職すると
退職金が一番多い。つまり、「もう仕事退職したらどうですか?」と
暗に迫られている。一応、残留しても良いことにはなっているけれど、
そうすると給料がかなりカットされる。
そうかといって、退職後の仕事のあても全く無い。
数年前の世代だと、退職後の仕事もたくさんあったけど、
いわゆる団塊の世代が多かったため、そこで根こそぎ仕事がなくなった。

とりあえず、その退職金で年金生活まで切り詰めてやっていって、
その後は年金をもらう生活というのもひとつではあるけれど、
毎月かかる私の高額な医療費という問題もある。

このことだけでなく、今の職場が昨年とガラッと雰囲気も変わり、
ギスギスした職場環境になってしまったようで、それも重なり
夫の円形脱毛症が発症した。

それもあって、「もう仕事はやめたらどうか?」と私自身は思っている。

夫も、認知症の母がいるので、それを看取るという責任はあるけど、
それがなくなれば、存在意義も全くなくなる。

義母が認知症になったきっかけも、義母自身が自身の存在意義を
見いだせなくなっていたからかもしれない。
人工透析をしていた義父が存命中は、少しでも長生きして貰うために
義母は徹底的に塩分やたんぱく質などの栄養を調べた献立を立てていた。
その義父がなくなり、孫の世話に生き甲斐を見いだそうとしていたときに
孫から「おばあちゃん、もう来なくて良い」と言われてしまったらしい。
義妹宅では、家政婦を雇ったのもあり、義母が義妹宅へ行きづらくなってしまい、
義母自身の生き甲斐がなくなってしまった。そんな時期に認知症が発症した。


夫が今年度限りで仕事をやめるかもしれず、
サンドスタチンは、今年度一杯でやめようかとも悩んでいる。
生活するだけで精一杯の状況で、毎月の高額の医療費負担は大きい。
それがずっと続くようではやっていけない。
もう6年も続けたので、かなり医療費もかかっているし
それだけやれば、自分の中では十分かもな・・・と思っている。
とりあえず、病気発覚の年の目標が、昨年末までだったので、
それをクリアはしたので、当初の目標は達成。
それで満足して良いのかもしれない。

膠原病のことも、わざわざ検査するのもやめておこうかとも思う。


結局の所、夫婦揃って、社会における存在意義は
そんなレベルであるということを思い知らされた。

悩める秋。



[PR]
by zebra_queen | 2014-10-22 14:12 | つれづれ
*自虐ネタ*

オーヘンリーの「最後の一葉」じゃないけど、
だんだんなくなっていく夫の髪の毛を見ていると、
だんだん希望も失われていく気がしている。

最初は左後ろの一部分の髪が欠損してきていたが、
だんだん前髪にも進出。
かなり前髪もヤバイ状況になってきた。

夫の最後の一毛がなくなったら、どうなるんだろう?(自爆)

そういえば、四文字熟語で「一網打尽」という言葉があったけど
「一毛失望」という感じ。一本の毛で希望も失われる感じ。

最初のウチは、すぐに生えてくるよ・・と思ったけど、
生えてきそうな形跡は皆無。

前に夫と一緒に皮膚科に行ったときには、医師は
「9月になったら生えてきますよ」と言ってたけど、
もう9月は終わり10月、その10月ももう終わりかけ。

なんだか夫の髪に希望がなくなってきたけど、
人生における希望も失われていくような気がしてならない。

夫の髪が生えてきてくれると、意欲も湧いてきそうな気がするが、
薄くなった頭部を見てると、なんだかやる気も失せる。

[PR]
by zebra_queen | 2014-10-22 13:19 | つれづれ
c0333962_23435620.jpg


c0333962_23444068.jpg


c0333962_23451130.jpg
皆既月食、きれいに見えた。望遠レンズで撮影。
気温は15度くらいでとても寒かった。
ちなみに今日の最低気温は10度、明日は12度らしい。
もう秋を通り越して冬みたい。。。

それにしてもExciteの画像アップロードは超簡単。
ドラッグ・ドロップするだけで、アップロード可能で素晴らしい。


[PR]
by zebra_queen | 2014-10-08 23:46 | つれづれ
今日は、3年前にチケット取れなかった
ミュージシャンのコンサートがあり、行ってきました。

今回チケットが取れたのは、偶然ラジオのFMで先行予約の案内があったので、
それですぐにインターネットで検索して見つけたら、
先着順で予約受付で、なんとチケットが取れました。
それも偶然なのですが。。。

今日、コンサート会場で私の2列前の同じ番号の席の方に
どうも見覚えのある感じがしていました。
うーむ、転勤族ゆえ、近所づきあいもほとんどなく、
唯一真上の部屋の方とたまにランチに行く程度。

他には美容院・病院・調剤薬局ぐらいかな。定期的に行く場所といったら。
でも、確かに見覚えのある方・・・しばし頭を巡らせて、ようやくわかった。

消化器外科の看護師さん!
ときどきサンドスタチン打って貰っているベテランタイプの看護師さん!
あのミュージシャンのファンってことは同じ年代みたい。
ある曲の反応で、かなり前からのファンであるとわかった。

そんなところで会うなんて、しかも同じ席番号で2列前なんてすごい偶然。
ちょうど花道になってるところでたまに歌われてたので、真ん前で良いなあ。
一昨日もその看護師さんはいらしたのだけれど、ちょうどサンドスタチンの薬を
待ってるところで交替されたので、今回はその看護師さんではなかった。

今度処置室で見たら、「○○さんのファンなんですか?」って聞いて
こないだコンサートで2列後ろの席でした。と言ってみよう。

席に着かれてから、しばらく誰か考えていてコンサートが
始まったので、声を掛けるタイミングはなかったので。

[PR]
by zebra_queen | 2014-10-02 22:47 | つれづれ
c0333962_23481042.jpg

写真のぶどう、ナガノパープルというのですが、
スーパーに行ったときに、490円と590円のぶどうがあり、
どっちにしようかと迷っていました。
ふとその上を見ると、390円のぶどうが。。。

「これはお得だわ」とカゴに入れた。

で、セルフレジでバーコードスキャンをすると
「1390円です」とアナウンス。

「えっ!?そんな高い物買った覚えないよ(汗)」

セルフレジなので、キャンセルするには、店員さんを呼ばなければならない。
「このぶどう、390円だと思ったのに1390円だったのでキャンセルしたい」とは言えない。

帰りにぶどう売り場をみると、確かに1390円の表示が。。。
千の位の1を見落としてました(泣)
確かに、他のぶどうは、プラスチックパックに入っているけど、
これは紙箱入りで、しかもピンクの紙が巻いてあり、見るからに高級品だった。
だけどね、590円490円・・・と続いたら、390円だと思うよね??
あちゃー。高い買い物をしてしまった。

だけど、このぶどうは、皮のまま食べられるぶどうで、そのままパクパク食べられました。
しかも、酸味がなくて甘くて美味しい!

さすがに1390円の値打ちがあります!
でも、一房やっぱり1390円のぶどうは高級品やなあ。。。

490円のぶどうだと、2房半ぐらいの値段やし。

千の位見落とすとは、やっぱり疲れているね。


[PR]
by zebra_queen | 2014-10-01 23:58 | つれづれ
円形脱毛症が、全然治らない。。。。(泣)

あっ!私じゃなく、夫です。
最初、10円ハゲを見つけたときは、
「すぐ治るよ」とタカをくくっていた。
その頃は、「なんだろうね!原因は私じゃないよ!仕事のストレスやわ」
「そりゃ、いろいろ仕事大変やもんねー」なんて、笑ってられた。

しかし、10円ハゲが治るどころか、だんだんエリア拡大し、
今じゃハガキ大の大きさに。
ほとんど、後頭部の半分で、地肌が見えている。

そして、それは後頭部だけにおさまらず、頭頂部にまで広がった。
今じゃバーコード状態で、それでも隠れづらくなっていた。

私が通っている皮膚科にたまに一緒に行って、私も話を聞くのだけど
「9月には治ってますよ」と先月言われ、それを信じていた。
「9月ね!」と。でも、9月もそろそろ終わるけど、全然生えてこないよ。

別にハゲていても良いんだけど、男性脱毛症とはまたひと味違うので、
どうにも見苦しい。
9月からは、プライベートの外出には、帽子着用を勧めた。

今は、朝晩ステロイドの塗り薬を塗っている。
自分では塗りづらいと、私が塗っている。
でもね。その塗り薬、私がアトピーでたまに頭がかゆくなったときに
使っている薬と同じなんですよ。なので、あまり効くと思えないのよね。

それと、ステロイドの内服をパルス療法で使用しているのと、
光線療法をやっている。

でも、インターネットで調べると、円形脱毛症は、基本的に
対症療法のみで、劇的な効果のある治療はないみたい。
円形脱毛症って、自己免疫疾患らしい。膠原病などと一緒なのかなあ?

医師の「もうすぐ治る」も「自分の治療経験上」と言われているけれど、
どうも嘘くさい。。。気休めにしか思えない。

こうなったら、神頼みか?
夫にそれを言うと、ダジャレか?と絶妙な返し。
髪が生えるよう「神(髪)頼み」って。。。

でも、やっぱり神頼みしかないよね。
私も病気が見つかったとき、両親が石切神社でお百度踏んできた。
それでなんとか命がつながってる感じ?
わざわざ大阪までは行けないので、インターネット経由で
祈祷料を振り込んで、ご祈祷をお願いしようかなあ?

まあ、本人がそれほど悩んでいないだけが救いだけど、
やっぱりかれこれ、3ヶ月になるので、そろそろ生えてきて欲しい。

もう退職勧奨されるような年齢になったので、来年3月で仕事やめても良いよ。
まあ治療費どうするって問題もあるけど、たまに帰宅後、ため息ついているのは
知ってるし、やっぱり4月に自分自身の異動がなくて、周りがすべて異動になって
今までの和気藹々としていた雰囲気から一変して、職場環境が
ギスギスしているようだとは私も薄々気付いていたし。
飲み会の回数が激減してるのも気付いていたしね。

はあああ。。。自分の病気よりも、夫の病気の方が、なんだか深刻やわ。
命に関わる病気でなくても、いろいろあるよね。
私も20年前にアトピー性皮膚炎が今以上に深刻だった時期は悩んだしね。
治らない病気もいろいろあるよなあ。。。


[PR]
by zebra_queen | 2014-09-26 23:26 | つれづれ
実は、exciteのブログでは、病気発覚以前に、別のブログをやっていました。
といっても、2件書いて、放置状態でした。

海外生活していた頃で、海外生活日記のブログでしたが、
日本人会仲間が、みんなmixiやっていて、そこで情報交換していたため、
日記はmixiに移行してしまい、ブログは中断。

同一IDでは複数のブログができなかったため、古いブログを削除して
新たにブログを新規作成しようとすると、削除から1週間待たなくてはいけなくて、
それを待っていたのですが、IDがニックネームになるみたいで、
やっぱりID名がふさわしくないので、結局別ID zebra_queenというのを
取得しました。英文字しか使えないようでした。

gooのブログも使い慣れていたので、そこで新たにブログをやっても
良かったのですが、テンプレートが同じだと代わり映えしないし、
昨年gooのメールアドレスが有料になってしまったので、
別にブログ専用アドレスも取得したかったので。

zebra_queenというIDは気に入ってます。
検索すると、zebra_queenという映画主題歌?が以前あったみたいですね。

exciteはスキンを自分で作成することもできるようなので、
久しぶりにcssの本も読んでみようかなあ。。。
個人的には、ブログのレイアウトもあまり気に入っていなくて
枠で囲まれたレイアウトは、閉塞感があり嫌いなので、
それをなんとかしたいなあ。。。
秋らしいデザインは気に入っているのですが。。。
手直しはぼちぼち。。


[PR]
by zebra_queen | 2014-09-18 21:01 | つれづれ