諸々のことが、吹っ切れてきた

体調不良は相変わらずで、今は、6つの診療科にかかっている最悪の時期。
まだ、そんな年齢ではないけれど、BBAか・・・って感じ。
まあ、若い子からみたら、BBAなんだろうけど。。。

どれも特効薬などはなく、対症療法・・・
特に6月の花粉症は、肌の炎症がひどい。
4年前も同じ症状で、これはイネ科のカモガヤなどの影響みたい。
去年は、花粉症らしき症状はひどくなくて、眼科もアレルギーでは
行かなかったのだけれど、去年は5月頃寒かったからかな?
アレルギー検査は、今まで2度ほどやっていて、スギ・ヒノキ・ヨモギ・
ハウスダスト・猫の毛・犬の毛・・・が陽性。
ほとんどダメじゃん・・・って感じ。
食物アレルギーがないだけマシかなあ。。。
たしか、カモガヤは項目自体なかった気がする。。。
あまりアレルギー起こす人がいないのか?

今年は雨が少なく、未だに梅雨入りもしていない。
なので、花粉症がひどい感じ。外出するとアウトで、家に居たら、マシだけど、
そうそう引きこもってもいられないし、マスクすると、皮膚もマスクで隠れるので、
ちょっとはマシかな・・・という感じです。
でも、今の時期マスクすると、暑くてムレる感じで、不快なんだけど。。。

そんなこんなと、先日厄介なことはあったけど、多少は気持ちが吹っ切れてきた。
花粉症もいつまでも続くわけじゃないし、梅雨入りしたら、マシになるだろうし。

NETも、正式診断から、もうすぐ7年。

ガン患者の気持ちとして、「不安・焦り・絶望・あきらめ・・・」という
荒波は乗り越えてきて、そろそろ悟りの境地かも。

結局、ダメな時はダメで、その時の覚悟もだんだん出来てきた感じ。
「来るなら来い」と思えてきたし、まだ日本では認められてはいないけれど、
従来より効果の高い治療もないわけではない。

そして、希望は免疫治療。
カギとなる物質が見つかれば、免疫治療でなんとかなるかもしれない。
実際に、同じ希少がんのメラノーマで、効果のある免疫療法が出てきている。

これからは遺伝子解析による分子標的薬ではなく、
免疫療法がガン治療の主流になるのでは
ないかと個人的には思っている。

まあ、なんとか、現状維持が続けて行けば、将来的に効果のある免疫療法が
見つかるのではないかと思っている。

とはいえ、認知症の末期の義母を見ていると、あまり長生きしすぎるのも
善し悪しかなあ・・・と思えてきた。
そのため、適当に生きながらえて、あと数年ぐらいなんとかなれば、
それで良いかな・・・なんて考えもある。
まあ、最初に診断されたときに、数年生きられたら良いかな・・・という
考えから、7年経過したので、またそれと同じプロセスを進めば
良いだけの話。
とはいえ、それがなかなか難しく、ギアの切り替えがうまくいかず、
ここまで2年ぐらいモヤモヤしてきたのだけれど、
そのギアチェンジがやっとできてきたかな・・・という段階。

あまりムダに悩むのはやめようと思うようになり、
とにかく気楽に生きるのがストレスもためずに良いのかもな・・・と思う。

下手な考え休むに似たり・・・とも言うしね。

結局 人生って、Let it be...なのかなあ。。。
まあ、少し気持ちは上向きになってきた。。。


[PR]
by zebra_queen | 2015-06-12 15:30