お人好しすぎ?

先日、ある依頼を電話で受けた。
突然だったので、お役に立てるなら・・・と一旦了承はした。

でも、それから夫に相談すると、「うまく利用されているだけでは?」と言われた。

いろいろ調べてみると、Webにも同じ内容が公開されるようで、
実名・写真が出てしまうので、個人情報は全く保護されない。

実は、以前にインドの文化や風習についての記事をインターネット上で
素人ライターとしてある出版社から原稿募集があり、実名で書いていたことがある。
知り合いは誰も見ることはないだろう・・・と思っていたら、
学生時代の友人が「記事読んだよ」とメールしてきたことがあった。
インターネットで名前で検索して見つけたらしい。(当時の記事は5年経ったら削除されました)

なので、今回も、名前で検索すると、簡単に見つかってしまう可能性は高い。
病気のことは、友人も一部には知らせているけれど、知らせていない友人も多い。
メールしてきた友人には一切知らせていないので、また検索して知ってしまう可能性が高い。

個人情報がインターネット上に出てしまうのも困ったことではあったけれど、
今回の件は、著作権の帰属や謝礼に関しても最初の電話の段階から、説明がなかった。
いろいろ考え、今回の依頼はお断りすることにした。

私自身、インドの記事の他に、新聞(一般紙)への投稿などの経験もあり、
どれも、謝礼はきちんと支払われていた。
著作権は会社に帰属する、と明記されている。

なのに、今回は著作権・謝礼の話は一切でていなかった。
別に謝礼が欲しい訳ではない。
今まで書いてきたものよりも、文字数も多くなりそうだったし、
それなりに手間がかかる内容だった。
インドの記事などは数時間あれば書ける内容だけど、
今回の記事は、1週間は必要な内容。
こちらから、「謝礼はおいくらですか?」と聞くのも変だしね。

以前の内容は、1本1000文字の内容で5000円程度の謝礼だった気がする。
今回のは、文字数の桁がちょっと多かった。

最初の電話も少し一方的な感じでした。
とにかく、自分の仕事がうまくいけば・・・という感じにも思えた。
夫の言う通り、うまく利用されているだけかもしれない。

自分自身、ちょっとお人好しすぎるなと感じることは今までも多かったけれど、
もう少し断るコツなども身につけたい。


[PR]
by zebra_queen | 2015-06-03 21:45