7th Season

2015年4月に入り、神経内分泌腫瘍の闘病期間も第7シーズン 7年目突入。

闘病の開始時期がどうも微妙で定まらない。
初診は2008年3月インド
日本帰国、日本での初診は2008年4月
手術は2008年5月
小腸NET(当時はカルチノイド)との診断が下ったのは2008年6月

面倒なんで、4月が始まりみたいな感じです。
3月の何日に病院行ったのかも良く覚えていない。
最初は全然別の病気で病院にかかったのが始まりで、それは2月末だった気がするけど、
腫瘍が見つかったのは3月末だったのだけは覚えている。


なのでよく日にちを覚えている4月1日の帰国日が始まりの感じ。

まあ、どうでもええけど。。。

で、7年目となると、ほとほと闘病にも疲れて、どうでもなれ・・・というのが本音。
治療したからって治らないのは、もう100も承知。
「現状維持」しかできないのもよくわかっている。
その現状維持がめんどくさい。


月に1回ではあるけど、痛い注射するのもめんどう。注射もそこそこ大金かかるし。(数万円)。
もうかれこれ700万円つぎ込んでるしね。
私の場合、CTなどで確認できる腫瘍じゃないので。
映らないほどの微少腫瘍がいくつも散らばっているため。
ほんとに効果あるのかもわからないまま7年やっている。
700万円かけて、効いてるのかもわからない治療をやってるのも
どうも馬鹿げているようにも思えてくる。
こんなんいつまで続けんねんやろ?というのが、最近のホンネ。
それを続けな生きていかれへんのもわかってるけど、それを続ける意義あるのかな?
自分の人生、それだけの価値あるのかな?と自問自答。
答えが見つからないまま、なんとなく続けている感じ。
エンドレスゲームだなあ・・・と思う。
決着のつかない延長戦、いつまで続けるのかなって感じ。


[PR]
by zebra_queen | 2015-04-16 17:02