スギ花粉症の減感作療法

スギ花粉症の治療として、シダトレンという減感作療法の薬が昨年秋(2014年9月)に保険適用となりました。

意外とこの薬、花粉症の方に知られていないです。

というのも、この薬を治療に使うために、医師は講習を受けなければならないので、
どこの病院でも使えるわけではないため。
シダトレン 減感作療法治療薬

ちなみに、ガン患者は、この薬の治療対象外になっていて、
ガン患者の花粉症の方は使えない可能性があります。
経過観察などだと使えると思うのですが。

治療開始時期は、スギ花粉が飛散していない時期のため、
今からだと、早くて5月から治療開始となり、
効果が出てくるのは3年後ぐらいのようです。

また、保険収載された新薬のため、最初の1年は2週間に1度しか
処方できないため、2週間毎に通院する必要があり、
根気のいる治療です。

2年目などに途中でやめると、また最初からの治療になります。

しかし、世間でスギ花粉症の方が非常に多いのに、この薬の話題がTVなどで
紹介されていないのは非常に残念。

3年間、月に2度ほど通院して、毎日薬を使い続けるという根気のいる治療なので、
花粉症の辛い経験の記憶が残っている夏場ぐらいは治療に通えるけれど、
秋ぐらいに面倒になる方が多いのではないか。。。とも思います。

でも、本当に花粉症で辛い思いをしている方は、この治療に挑戦してみたほうが
良いと思います。
8割ぐらいうの方に効果があるとのことです。

でも、3年治療して、効果の出ない2割グループの可能性もありえるし、
3年先に治療効果がわかるというのは、ちょっと気が遠くなるかな?

[PR]
by zebra_queen | 2015-03-26 21:49