昨年の医療費

医療費控除の準備のため、昨年の医療費の領収書をまとめた。

夫婦二人での昨年の領収書は全部で120枚(苦笑)。
1年12ヶ月あるので、1ヶ月平均で領収書は10枚。
まあ、調剤薬局の分が別になるので、医療機関にかかったのは
その7割ぐらいだけれど。。。

昨年は年初から夫が大腸ポリープの内視鏡日帰り切除に始まり、
黒毛舌で耳鼻科受診、その後円形脱毛症で半年皮膚科受診で、
夫の通院も多かった。
私も、緑内障予備軍の狭隅角症で眼科受診したりと予定外の受診もあった。

医療費は夫婦揃って、年間約110万円。。。多すぎる。。。
まあ、大半は私のサンドスタチン接種の費用だけれど。。。

転移したガン治療に終わりはない。
いや、厳密には終わりは来るのだけれど、それは人生の終わり。
これがいつまで続くのやら、いつまで続けるべきか・・・
最近、NETで「長期生存」という言葉も良く目にする。
確かに、長く生きたいという思いがない訳ではない。
しかし、長期療養は、ほんとにいろんな問題があり、
それは経済的・精神的・肉体的に苦しい療養である。
治療のモチベーションを保ち続けるのも、かなりしんどいねん。
と、6年のサンドスタチン接種を続けてみてしみじみ思う。
私以上に辛く厳しい闘病を続けて来られている患者さんも
たくさんいらっしゃる。

[PR]
by zebra_queen | 2015-01-16 16:46