落ち込みモード

先日、喪中ハガキから、闘病仲間がお亡くなりになっていたことを知り、
そこから落ち込みモード。
あまり詳しくは書けないけれど、とても親近感が湧くご縁があり
ずっと闘病を応援していて、お互い励まし合ってもいた。
でも、同じ同病患者として、できることには限界がある。
病気を治療するのはあくまでも医師である。
自分に何ができたのだろう?そう考えるとなんだか落ち込む。
いやいや、患者という立場で同じ患者を助けたいと
思うこと自体が間違っているのかもしれない。
本当に助けたいと思うのであれば、すべてを
なげうつ覚悟も必要で、そんな生半可でできることではないと痛感する。
そこまでの覚悟もないまま、助けたいなんて軽々しく思ったり
言ったりするべきではないのかもしれない。

自分が経験してきた、抗がん剤治療の辛さや、
希少な病気治療の難しさ・・・
こういう体験を通じて何か役に立てることが
あるのでは。。。という思いで、これまでやってきた。
とはいうものの出来ることには限界があるとしみじみ思った。
私ができることは、ほんの「お手伝い」程度のささいなことだけだと思う。

でも、やはりこういう悲しい思いをする方は
これからもできるだけなくしていきたい。
そのためには、日本でできる治療をもっと増やさなければならない。

どうやら、今日衆議院解散が決まり、選挙という方向になりそう。
要望書提出に向けて、スケジュール調整をしていただいて
いたのだけれど、こういう状況だと、それも難しいようだ。

なかなかうまくいかないなあ。。。と余計に落ち込む。。。

[PR]
by zebra_queen | 2014-11-18 13:58