乾燥肌には、ヘパリン疑似物質

冬になると屋外では空気が乾燥するし、室内でもエアコンの暖房などにより空気が乾燥する。
空気が乾燥すると、肌も乾燥してカサカサになる。

私自身アトピー性皮膚炎のため、肌の乾燥は大敵で、室内では加湿器利用して、
乾湿計も部屋に置いて、湿度が50%以上を保つようにしている。
湿度は高ければ高いほど良いのだけれど、そうすると結露の問題もあるし。

皮膚科ではヒルドイドソフトという保湿剤を処方される。
でも、単なる乾燥肌の場合は、皮膚科にかかることもできない。

最近ロート製薬から発売されたヘパソフトには
ヒルドイドと同じヘパリン疑似物質が入っている。

非ステロイドで、無着色・無香料なので敏感肌にも良い。

実際使ってみたところ、着け心地もしっとりしていて、
粉をふいたようなガサガサの肌改善された。

チューブ入りと容器入りとあり、チューブタイプにしたのだけれど、使いやすい。

ヘパリペアという商品もあったのだけれど、こちらはローションタイプ。
個人的にはクリームタイプのほうが、なじみやすく、ローションタイプは
水分が蒸発しやすい気がする。

両親も加齢により、肌が乾燥するようになったようなので、これを薦めてみようと思う。

[PR]
by zebra_queen | 2014-11-11 18:30