やっぱり何かついてない。。。

一昨日(9月27日)から1泊の近場旅行に出かけていました。

ところが、夫が出発前に車のタイヤの空気圧をチェックしてたら、
タイヤに釘がささっていて。。。(T-T)

慌てて、ディーラーに電話するも、土曜日ゆえ
修理も混んでいて、午後1時からしか対応できないと。。。

そんな状態でパンクしても困るし、ディーラーへ。
15センチ近い長さの細い釘のようなものが刺さっていて
パンク修理はしてもらったけど、応急処置のため
「高速やバイパスの走行は控えて下さい」とのこと。
バーストしたら、ハンドル取られてしまうので・・・と。

新しいタイヤは3日後にしか入らないとのこと。

一応一般道で3時間で着くところではあるけれど、
それでも往復300キロぐらいは走るし
それはそれでやっぱり危ない。。。

新幹線で行くこともできるけど、それでは宿に着くのがギリギリだし、
翌日どこへも行けないし。。。。

結局、レンタカーを借りることに。。。
なんとか空きはあった。
まあ、旅行はなんとかレンタカーでできたけど、
思わぬ出費。。。

最近3ヶ月の間に、ほんとについてないことばかり続いている。

ますは、夫のデジタルカメラが紛失中。
てっきり、無人の夫の実家のどこかにあると思っていて、
先日私も一緒に探したけど、結局なかった。
実家の前に泊まったホテルにも連絡したけど、そこにもないとのこと。
それなりのホテルなので、まず部屋に置き忘れたら、連絡は来ると思っていたし。
最初、ホテルの部屋に夫のデジカメがないことに私が気付いていて
「あれ?」と思ったけど、てっきり夫のバッグの中にあると思っていた。
なんで、ないと思ったときに、夫に確認しなかったのかと悔やまれる。
今まで何度か夫はカメラの置き忘れがあったけど、ずっとカメラは戻ってきていた。

そして、夫の円形脱毛症。

更に今回のタイヤトラブル。

3ヶ月前の札幌では、叔母(義母の妹)が認知症で行方不明に。。。
早朝でいろいろ探しても見つからず、結局警察に届けて無事に見つかったけど。。。

今回、タイヤトラブルにより、車の荷物の入れ替えを行ったら、持って行くはずの
登山靴は忘れてしまったし。他の登山用の上着などは持って行っていて
靴だけ忘れて、結局ハイキング出来ずで。。。

以前(15年ほど前)、霊感の強い叔母(札幌で失踪した本人)から、
「物がなくなったり、病気になったりするのは、
家族の誰かを守るために、本人の守護霊が別の家族を守りにいって、
本人を守ることがおろそかになるから」と言われたことがあり、
なんとなく今回も、義母を守るために、夫の守護霊が
夫を守ることをおろそかにしてるのかなあ・・・なんて思ったり。。。

だから、そうだとしたら、これは仕方ないのかな・・・という思いもしている。

私自身霊感は強くなくて、そういう類の話は今まで信じたことがなかったけど、
その叔母とは仲が良かったのもあり、叔母より更に霊感の強い人が
占いをやっていて、その占いで夫の祖父の寿命がピタリと当たっていた。

祖父が亡くなる2年ほど前に、「おじいちゃんは94歳まで生きると言われているの」と
聞いて、ほんとに祖父が94歳で亡くなったので。

私自身は、夫に起こったことは「守護霊が守ってくれなくなっているから」と
思うことによって、仕方がないと思えるようにはなっている。
じゃあそういうことにしておいてこれぐらいの小さなことは
甘んじて受け入れようかとは思う。
ただ、円形脱毛症は治って欲しいのだけれどね。

なんか悪いことが起こっていても、何かのせいにしてしまえば、
それで精神的には落ち着くような気もする。
デジカメはまだ買って1年経っていないので、それはショックだけど、
そのことで夫を責めても仕方ないし、守護霊が守ってくれないからと
思うと、じゃあしょうがないかという気持ちになる。

まあ、そんなこんなで3ヶ月前から、精神的に落ち着かない日々が
続いていたのは確かで、それもこれもやっぱり守護霊が
どこかへ行っているからなのか?

守護霊がどうのこうの・・・なんて言ってると
「変な人」だと思われるかもしれないけれど、
自分自身がそれで納得できたら、それはそれで良いかと思う。

UFOとか怪奇現象とかは、私自身は全く信じてない人なんだけど、
それがあると思っている人にとっては、それですべてが解決してるのなら
そういうことで良いのかもしれないですね。

最近は、夫とどこかへお祓いに行った方が良いかも・・なんて話をしています。





[PR]
by zebra_queen | 2014-09-29 11:29